外階段。

2013年11月30日, by ishii

今回の計画は当社としてはすっごく久しぶりの木造物件です。

現場にお邪魔すると、木の香りと雰囲気でなんとなく落ち着きます。

鉄筋の建物とは一味違った雰囲気とてもいいですね。

3階のロフトなどは特に木の素材感を大切にしています。

11/30 ロフト

何度も紹介している部分ですね。

その木の素材感いっぱいのロフトに金属の手すりがついてますね。

ずっと木工事と設備工事が続いた現場でしたが、金属枠や手すりなどの作業が徐々に始まりました。

写真の奥に少し窓枠写ってます。

この部分の写真が↓。

3階窓枠、手すり

ちょっと暗くてすみません。

3階の窓枠とその奥にベランダの手すりです。

ベランダは外側の壁のおかげでインナーバルコニーのような作りです。

説明必要ないかもしれませんが、上の写真は 下の図面のキッチンから窓方面を見た感じです。

SI 3F間取り図

写真が暗いので図面と写真とでイメージしてもらえると助かります。。。

洗濯物も干し方によっては周りの視線を気にせずに済みますね。

 

そして、1階。

金属の部分としてはかなりの大物です。

外階段

外階段。

この物件の売りのひとつ。

亜鉛メッキです。

肉厚が薄いので重たすぎず、適度に木造の1階を引き締めてくれました。

周りの外壁が今は「木」丸出しですが、この階段と同じ亜鉛メッキの鋼板がぐるりと貼り付けられます。

3階のやわらかい雰囲気とは対照的に戦車のような外観になるのでしょうか?

楽しみです。

 

それ以外にも

2階水回り

2階の水回り部分の造作も進んでいます。

図面だと

SI 2F間取り図

上側のバストイレ部分ですね。

天井にも断熱材が入ってます。

 

 

サッシの搬入も始まっていますので次回は窓の部分の写真が載せられると思います。

まだ、賃料設定や募集は始まっておりませんが興味のある方はコメントやメールお待ちしております。

条件決まりましたらご連絡いたします。

 

 

屋根。

2013年11月24日, by ishii

先日、屋根に「ガルバリウム (Galvalume) 鋼板」を葺きました。

 

今回の建物は当社としては久しぶりに建築会社と設計会社が違います。

いつもは建築施工をおねがいしている「JECTO」さんの設計部にお願いしておりますが

今回は設計を「株式会社HAK」さんにお願いしております。

溝の口にある「HAK」さん設計の建物を見学させていただいたのですが、ひとめぼれしてしまいました・・・。

 

飛行機、新幹線で毎日のように移動を繰り返している秋田代表にすべてをお任せしています。

口うるさいと評判の当社としては 超異例 の計画です。

 

というわけで経年での汚れを考えると絶対に考えられなかった真っ白い屋根。

roof

普通に考えたら避けてしまう色ですが実際に目にすると綺麗です。

roof2

真っ白。。。

時間が経ったら黒ずんで、藻が生えて・・・

 

 

なんてことは考えません !

きっとヨーロッパの片田舎の小さな一軒家のように味が出てくるはず。

と信じて秋田さんについて行くのです。

 

もちろん、HAKさんは屋根だってただ葺かせてくれません。

roof3

職人さんはさみで鋼板を切ってます。

屋根赤丸の部分、穴開いてます。

この部分を一生懸命切ってるんですね。

職人さんに感謝です。

 

そろそろ一階と二階に階段がつく予定です。

次回は階段の写真のUPになろうかと思います。

 

2、3階メゾネット。

2013年11月21日, by ishii

昨日の1階に続いて、今日はメゾネット部分の間取り図です。

まず2階。

SI 2F間取り図

これまた、バスタブや洗面台などは間取りソフトの標準仕様ですので細かいところは実際と異なります。

左右の外階段を登って玄関を入るとまず寝室。

寝室には3階のリビングにあがる内階段があります。

バス、トイレはちょっと変わったオリジナルです。

こちらは模型のほうが。

2階背面

分かりやすいですか。。。

ユニットバスとはちょっと違います。

床はFRP防水、ドアや間仕切りは透明ガラスです。

 

寝室部分側も模型でお見せしたいところですが実はまだ模型が仕上がっておりません。

精巧な模型を作っていただいておりますので完成しましたら写真上げますね。

 

3階部分は

SI 3F間取り図

やはり模型写真と比較しましょうか。

2-3階背面2

どうでしょう?

ロフトが存在感ありますね。

写真だと

SI ロフト 11.21

梁に使う木材を横に並べてあります。

本物の木の質感が豪華に見えますね。

11帖以上の広さで天井も高いのでとても贅沢な空間です。

 

この物件、来年2月中旬には内見が可能となります。

興味のある方はこちらへどうぞ。→ info@seses-ishii.jp

 

間取り図です。

2013年11月20日, by ishii

工事は順調に進んでいるものの建築素人の私が見ると変化がわかりづらい工程なので情報発信はむずかしい時期です。

建築図面から入居者募集に使う間取り図作成しましたのでUPします。

模型の写真と今回UPする間取り図見比べていただけるとなんとなくイメージ湧くかなぁ。

まず一階。

SI 101間取り

キッチンやトイレ、バスルームなど細かい仕様はソフトの標準仕様ですので若干異なります。

模型の写真もほぼ真上から取れているので見比べやすいのでないでしょうか?

ちなみに模型は

模型一階平面

ほらわかりやすい。。。かな?

寝室とリビング部分に扉などがないので一体感のある間取りです。

とはいっても視線が気になる人はカーテンレールがあるので寝室側にカーテン付けることもできます。

帰って寝る部屋というよりは人を招くような仕事の方のSOHOに向いていそうです。

もちろん「SOHO可」ですよ。

次回は2階、3階メゾネットの間取り図UPします。

日本住宅保証検査機構の検査。

2013年11月14日, by ishii

以前のデザインから時系列で記事を追えるデザインへ変更してみました。

見た目いかがでしょうか?

 

さて、昨日

株式会社 日本住宅保証検査機構 (略称 / JIO)

の検査がありました。

JIO検査

ジェクトさんと日本住宅保証検査機構とのあいだで契約している住宅瑕疵保険のための検査で、

筋交いや金物など構造に関わることを検査してもらっています。

引渡し後10年間の間、建物に瑕疵(欠陥、不具合)があった場合には修理費用が保険金でまかなわれます。

安心ですね。

建物の管理を長年やっていますが建築現場に行くことはなかなかありません。

引渡しのあとは壁の中になってしまうので構造部分を見られるのは貴重ですね。

最近の建物は数々の自然災害の教訓をいかして構造基準がきびしいそうです。

 

こんな金物や

008

筋交いに構造合板の壁

JIO検査 筋交い 柱

柱のピッチもこまかいです。

 

設備関係も給排水やエアコンの配管

JIO検査 給排水 JIO検査 エアコン配管

ちょっとづつですが工事が進んでいます。

完成予定の3月中旬までまだまだ時間ありますが楽しみです。

では最後に部屋の写真。

 

3階メゾネットリビング。

JIO検査 3F写真

2階寝室、バス、トイレ。

工事中って感じですね。

奥にはJIO検査官と現場監督の響さんが見えます。

JIO検査 2階

そして1階パノラマ撮影してみました。

この部屋は設備入らないとイメージ湧きませんね。

 

JIO検査 1階

今日はこのへんで。

内装工事が進んできたらまた写真公開します。