JIOの検査 ~再び~

2013年12月26日, by ishii

先月に行われた

株式会社 日本住宅保証検査機構 (略称 / JIO)

の検査からまだ1か月ほどしか経っていませんが、また検査に来てくれました。

 

JIS1

 

株式会社 日本住宅保証検査機構 (略称 / JIO)

ってのは、前回もお話ししましたが 住宅瑕疵保険 を扱っている会社です。

 

引き渡しのあとに建物に欠陥が見つかっても保険を使って直してもらえる 施主の味方 です。

今回も じっくり しっかり 検査していってくれました。

なんかあったら、よろしくお願いしますね。JIOさん。

 

ついでに工事の進み具合も確認させてもらってきました。

枠だけしかついていなかった メゾネットの玄関部分

 

030

 

にドアが付いていました。

 

002

 

ドアまで真っ白なんですね。

ドアの周りの壁も なんだか白いシートのようなもので覆われています。

デュポン タイベック ハウスラップ

という 透湿、防水シートらしいです。

ホームページの売り文句では

 

透湿性

タイベック® ハウスラップは、無数に存在する繊維の隙間から湿気が抜けていくため、結露を防ぎ、木材や断熱材を乾燥状態に保ちます。

防水性

タイベック® ハウスラップの極細繊維は、湿気は通しても水を通しません。長期にわたり、外部からの雨水の浸入を許しません。

 

ですって。

紙切れ一枚に見えますがなかなかの タフガイ のようです。

 

そんなシートが

 

036 050

建物全体に巻きつけられています。

まさに 【ハウスラップ】 です。

 

湿気はこもらずに雨は漏らない。 木造いいじゃないか。 と思ってしまいます。

 

防水工事はほかにも

 

009

 

わかりずらいかな。 ベランダ床もFRP防水処理が施されました。

 

玄関の扉が付いたのに合わせてでしょうか。 サッシにもガラスが

 

005 012 013 016

 

もちろん内装部分はボードの張り込みも順調に進んで部屋らしくなってきました。

来年になると内装工事も忙しくなってくるようです。

徐々に住まいらしくなっていく SIプロジェクト 来年も楽しみです。