地元恒例行事 「御嶽講」 ~武蔵御嶽神社参拝~

2014年4月21日, by ishii

今回は趣を変えて、少し地元のお話を。

 

新城地区には昔から 「講」 というものがいくつか存在しています。

説明がむずかしいので wikipedia から文章を拝借。

(こう)とは、同一の信仰を持つ人々による結社である。

~ 中略 ~

外部からの導入による講は、当初は山岳信仰に関するものであった。立山などの修験者が霊山への登山を勧めて全国を廻り、各地に参拝講が作られた。それにならって各地の神社・寺院へ参拝するための数多くの講も作られるようになった。」

新城地区にある 「講」 もこの参拝講にあたるようです。

私の知っているだけでも新城地区には3つの 「講」 が存在しています。

 

・成田山新勝寺 をお参りする 「成田講」

・御岳山武蔵御嶽神社 をお参りする 「御嶽講」

・大山阿夫利神社 をお参りする 「大山講」

 

響きからすると堅苦しく聞こえますが、どの 「講」 も、「地元のみんなでお参りに行こう!!」といった楽しい会です。

 

今回は御岳山へのお参りを目的とした 「御嶽講」 に参加させていただきました。

 

御岳山の説明も難しいのでジェクト不動産部 新城支店さんのfacebookのお言葉をおかりします。(^_^;)

「御岳山は東京の青梅市、秩父多摩甲斐国立公園の東の玄関口に位置しており、ケーブルカーで簡単に登ることができます。」

 

というわけでケーブルカー駅。

 

001_800

004_800

 

普段なかなかケーブルカーに乗る機会なんかないので楽しいです。

 

019_800

 

ケーブルカーを降りて霧の中、さらに坂道を上がっていくと

 

022_800

 

大きな鳥居と山門。

この階段をさらに上がってお参りしますが、その前に地域の皆さんへご利益をお裾分け。

 

036_800

 

昔からの風習のようで、出発前に講員みんなでついた紅白餅と小銭をここからまきます。

あいにくの雨だったので まく方 も 拾う方 も大変でしたがいい経験となりました。

 

そして本題の本殿へ向かって参道を登っていきます。

 

045_800

058_800

068_800

霧に包まれた本殿。

雰囲気ありますね。

 

最後は御師さんに御祈祷していただきました。

 

065_800 066_800

 

毎年、4月におこなれている 「御嶽講」 のご報告でした。