初代石井幸重が、農地を活用し賃貸業を開始
昭和35年頃 初期の歩みとなる賃貸アパート「第一南荘」他を建設、本格的賃貸事業を開始する
昭和45年 初となる鉄筋コンクリートの「第六南荘」を建設
昭和59年 株式会社南荘石井事務所設立
昭和60年 木造物件を鉄骨造、鉄筋コンクリート造へ建て替え始め、「石井ビル」シリーズ建設開始
人口増加に伴い、賃貸業の拡大期に入る
昭和63年 「セシーズ3」を建築、このとき「セシーズ」ブランドが開始、現在に続く礎となる
平成12年 現代表・石井秀和が前職を退職し、南荘石井事務所に入社する
震災を機にコミュニティを意識し始める
平成25年 4代目として石井秀和が代表職に就任
平成26〜27年 大規模改修の時期であった「セシーズイシイ7」 の共用部をリノベーションし、多目的広場となる“PASAR SHINJO”をつくり、まちに開放する
平成28年 共用部にカフェ「新城テラス」をオープン
築47年の居住マンション「第六南荘」の1階部分をピークスタジオが事務所としたのをきっかけに、店舗として改修。シフォンケーキの「ichie」が同年10月オープン
平成29年 10月、「第六南荘」にチーズ・フード店 「mikoto」 、焙煎珈琲「mottano」がオープン
駅前に4~9月に渡る6ヶ月限定、まちの可能性を図る社会実験の場として「新城劇場」オープン

セシーズイシイに関するお問い合わせはこちら